痛風にはザイロリック!治療と予防

  1. 痛風にはザイロリック!治療と予防   >  
  2. ザイロリックの効果と副作用

ザイロリックの効果と副作用

redmedison

ザイロリックで痛風の症状が改善されます!そのメカニズムとは?
またその効果と、副作用についてまとめてみました。

ザイロリックの効果

ザイロリックは体の中の尿酸値を下げ、痛風の症状を抑制し、発作を予防できるお薬です。
痛風のほかに、高尿酸血症や高血圧症にもよいとされています。

尿酸値を下げることがなぜ大切なのか?

尿酸値が高いと、痛風を引き起こすリスクが高くなることから、尿酸値を下げることは非常に大切です。
その尿酸値は「プリン体」からつくられ、わたしたちが普段取りこんでいる、飲み物や食べ物から作られるほかに、体の中の細胞の代謝やエネルギーを使うことで作られます。最終的に、このプリン体が尿酸となって体の体外に排出することで、健康な体を維持できるという仕組み。

尿酸値が高くなっている状態は、排出されるときの限界を超える量が、体の中に溜まっているか、排出する機能が低下しているために、尿酸が体の中にとどまってしまっているかのどちらかになります。

痛風に効くお薬として、痛風の発作に効く「痛風発作治療薬」と、プリン体から尿酸が作られるのを防ぐ「尿酸生成抑制薬」、尿の中の尿酸を溶けやすくして尿路血栓を予防する「尿酸排出促進薬」などいくつか種類があります。

ザイロリックは「尿酸生成抑制薬」にあたり、取りこんだプリン体や体の中でつくられてしまったプリン体を尿酸に変わるのを防いでくれるお薬です。そのため最終的には、尿酸値が高くなるのを防いでくれ、痛風の症状を抑制し予防できるお薬になります。

ザイロリックの副作用

きちんと服用方法を守っていれば、基本的に副作用は少ないといわれていますが、以下の症状が報告されています。

  • ・発熱
  • ・食欲不振
  • ・胃もたれ
  • ・軟便
  • ・倦怠感
  • ・下痢
  • ・脱毛
  • また痛風の発作中は、結晶化した尿酸が剥がれ落ちることで、痛みが悪化する場合があるためザイロリックの服用は控えましょう。